30代後半で転職!スキルによっては転職エージェントが求めている!?

仕事してもバリバリ、会社としても中堅の要として手放せない30代。でも理由は様々で転職を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな30代で転職する時、転職エージェントとのかかわりが有利なのか?を考えてみましょう。

とは言え、やっぱり不安の転職です。新卒からずっと同じ会社で仕事をしてきたのであれば、少なくとも10年からの経験となっているでしょう。
また社会人としての経験も増え、世の中のある程度を知っているからこそ転職がどんなものかも分かっているはずです。

ですが、エージェントに依頼するとまだまだ働ける20代より仕事が無いか?と思うと、意外と仕事はあります。

周囲の転職エージェントに話を聞くと実際こういった内容でした。
「社会人としての経験が浅い20代より、転職を勧めていく中で30代の方がスムーズにいく。1から説明するよりゴールが早いケースが多い」と。

筆者も30代で転職を経験していますが、転職時のエージェントが求める条件には年代によって差があるというのが正直なところの様です。

20代となると、仕事によってはまだまだ下積み期間であるケースも多く、人を管理した経験も中々無いようです。人間的な成長も必要といったところでしょうか。これは仕事によりますけどね。
順当に仕事をしていれば、会社の規模等でも違ってくるかもしれませんが30代で職場の中堅として活躍しているでしょう。
当然経験も豊富です。成功だけでなくある程度の失敗、そこからの脱却も経験としてあります。

エージェントはその人に見合った仕事を提案してくれます。
ですが、その紹介までの応対や話す内容を見ています。
やはりそれまでの経験もにじみ出てくるものがあるでしょうし、またこういった経験を持つこと、それに対する忍耐力等も30代という年齢が成せるものであるという事です。
新しい仕事を紹介しても結果すぐ辞めてしまうような人間はエージェントとしても扱いにくいでしょう。

30代だからこそエージェントと話していていける内容もあるでしょうし、益々深い相談を通してその後を見通せるのではないでしょうか?
注意が必要な部分として良いエージェントかどうか?も、30代の経験を活かした見抜き方をしなくてはなりません。

30代で年収アップ転職を希望するなら、こちらのサイトを参考にしてみてください。
http://転職年収アップ研究所.com/

30代後半で公務員への転職は可能か?

さてタイトルからするに、普通に考えると無理な話をしてみましょう。一般的にもこのように捉われがちです。
ですが調べてみると、不可能ではないようです。可能性がゼロではないというレベルですが…。

公務員の種類にもよりますが、意外と「公務員全体」というくくりでみると年齢制限はないのが現状なんです。当然制限ありの職種もあります。
想像できるのが警察官や自衛隊等ですね。中年から入るのは良いけど、その後が難しいでしょう。それは容易に想像がつきます。
ではどういったものかというと、例を2つだけ挙げてみます。

一つは市役所等で技術を要する職員です。
これは電気工事や農業、水道関係等になります。30代後半を含めてとなりますが、それまでに得た経験や技術を官公庁が求めている場合があります。
そこへ滑り込むという方法もあります。これは市町村単位で違いがありますが、広報で定期的に募集があったりもします。結構簡単に見つけられます。
年齢を考慮しても倍率がとてつもない場合がありますので難関です。一部噂では「知り合いがいないとクリアできない」というものが昔からあります。

さて2つ目ですが、国に直接関わる仕事として各省庁の募集というのが最近注目されています。
IT等の促進により、省庁の担当者がどうしても追いつかないといった経緯があります。仕事の合間で覚えなくてはならないIT関係の知識となりますから仕方ない部分があります。
とは言え、急速なIT化が進んでいる昨今、PCが使えないままでは色々な仕事に影響が出ます。
そこで、専門職の民間で経験を積んだ者を中途で採用する事でその遅れをカバーしようとするものです。調べてみると結構あります。警察関係のサイバー部門等もそのようです。
少し特殊ではありますが、経験を主としている訳ですから年齢は必要になるでしょう。

いずれもそこまで容易な道のりとは言えません。30代後半からの公務員を目指すのであれば、20代で目指すよりもハードルは高いと思われます。
ですが、考え方を変えてみれば「20代の時とは評価の仕方が違う」という事にもなりますから不可能であるとは言い切れません。

30代後半として考えてきましたが、昔よりも道は開けつつある世の中になってきましたから、広い視野で情報を探すことも必要でしょう。

経理の仕事で転職、30代後半は不利?

経理の仕事で転職というテーマについて考えてみましょう。
そもそも経理というお仕事は総合事務を兼ねている会社もあるようです。
ですので、事務職とも表記されることもあるようですが今回は資格(簿記等)を持った場合を例にしてみます。

転職先としては全国比較的に数多くあるようです。会社の数と比例して経理業務も必要になりますから当然ですね。
ここから考えると経理の転職は簡単なようにも思えます。真面目であれば続けられそうにも思います。

しかし、経理の仕事において重要視されるのが実務経験である事は忘れてはなりません。
常日頃から数を追う仕事であり、これは資格取得のみでは仕事のスキルは上がらないでしょう。
経理の仕事をしていくと年間を通して繁忙期であったりと、忙しい時期があったりもするでしょう。
そういった仕事のペースが増減する事に対しても一定の経験を積む事で、経理に対する忍耐力なるものが養われるでしょう。
この忍耐力こそ数字を追う上で必要不可欠なスキルと言えます。経理を必要としている会社は資格よりこれを望んでいるとも言えます。

経理の仕事だけではありませんが、会社には時期による忙しさには差があります。マイペースでは仕事なんて成り立たないという事です。
特にこの仕事は数字を追う事に加え、正確性を問われるためやはり真面目さと忍耐力や持久力が必要となります。疲れたから終わりなんて許されません。
こういう面を兼ね備える事が出来ているのは経理を仕事として一定の年数を経過した年齢、即ち30代からという見方もあります。

それを自分のアピールポイントとするのであれば、30代後半での経理として転職を望むのであれば決して不利とはなり得ないでしょう。

ですが、やはり転職となるのであれば「それまでやっていた種類の経理から離れる」という可能性も出てきます。
少なくとも会社は変わる訳ですから、環境が変わってしまう事は否めないでしょう。事務仕事は特に職場環境が大きく影響します。場合によっては業務範囲にも関わってきます。

30代後半での転職は職種問わずではありますが、経験も持ち信頼もある一方で職場環境の変化に対する柔軟さが必要となる為一長一短と言えるでしょう。

30代後半の男性の転職

30代後半の男性でも今は独身の人が増加をしています。
家庭を持たずに仕事をしていたほうがやりがいを感じることが出来る、という人もいるそうです。

しかし結婚をして家庭を持っている人も多いです。
もしも子どもがいれば、教育費はどんどん増えます。
今の収入だけでは子どもを進学させることが困難になってしまう、ということもあるでしょう。
そんな時により収入を得るために転職を考えたほうがいいのではないか、と思う場合もあるでしょう。
最近では30代後半の男性でも転職を行うことはできます。
少し前までは転職のリミットは30歳と言われていましたが、最近では即戦力になるから、という理由で30代後半の人材を多く求めるようなこともあります。

もしも転職の理由が収入のアップということであれば、転職をせずに今までの仕事を続けていたほうがいいかもしれません。
年功序列制度を未だに信じているような企業であれば、年齢を重ねる、経験を積むことによって少しずつではありますが、収入がアップすることがあります。
能力が伴わなくても、ある程度の収入を得ることは出来るのです。

転職をすることによって、ゼロからのスタートとなるので、いきなりの年収アップは難しいでしょう。
外資系企業であれば、能力主義の場合が多いので、能力がある人が昇進をし、収入もアップするということがあります。
自分の能力を最大限に生かすことが出来る仕事に就くことが出来た場合には、転職によって収入をアップさせることは出来るでしょう。

転職を考えた際に30代からの転職をサポートしてくれるような転職エージェントや転職サイトを利用してみるのもよいでしょう。
情報も早いですし、自分に合う仕事を見つけることも可能となります。
条件を設定して仕事を探すことも出来るようになっているので、何かと便利なのです。

また人材紹介会社を利用してみるのもよいです。
人材紹介会社の場合には、その人のキャリアによって登録をすることが出来るのかどうか、という審査があります。
この審査を通過した人であれば、その人材を採用することによって何かしらのメリットがあると考えられている、ということになります。
人材紹介会社は利用をするまでのハードルが高めに設定されているので、審査が通るか通らないのか分からないという部分もありますが、転職の際には利用をしてみると何かと便利ですし、相談にも応じてくれるので登録できれば安心感も得ることが出来ます。

30代後半でも転職は可能なのか

少し前までは30代になると転職は厳しいと言われていました。
しかし今では30代後半だからこそできる転職がある時代です。
30代後半ともなれば、ある程度のキャリアは積んでいますし、経験も豊富になっています。
40代に入ってしまうと、転職後に就業をする期間も短くなってしまうのでは、と思われてしまうので、転職は厳しいものとなりますし、40代後半になっての転職の場合、何か特別な理由があるのではないか、と思われてしまいます。
確かにやりたいことが出来たから転職をするのではなく、以前の職場でなんかトラブルを引き起こし、懲戒解雇となってしまった人やリストラ対象になった人が転職活動をするという背景もあります。

しかし30代後半であれば、まだ何かやりたいことがあって人生最後の転職をする、ということが可能です。
30代後半の転職をサポートしてくれる専門の相談窓口もあります。
職種によっては30代後半の人材を求めるものもあります。
特に即戦力が求められるような仕事は未経験の新人を教育するよりも、ある程度のキャリアがある30代後半ぐらいの人材を求めたいと考えることがあります。
未経験者ではなく、経験者を優遇し、その上で雇用をします。
ですから、今までのキャリアを生かした転職をしたいと考えている場合には30代後半からでも転職活動をすることは可能でしょう。
営業職などもある程度のキャリアがある人のほうが採用しやすい傾向があります。

未経験者の場合には、成長をしている企業に転職をするとよいかもしれません。
急成長をするような企業は人材が欲しいと考えています。
異業種からの転職であれば、新しい風を吹き込むことも可能となるので、積極的に採用をする風潮があります。
また、慢性的な人手不足が起きている業界にも転職は行いやすいです。
IT関連、介護、サービスの分野でも出来るだけ多くの人を採用し、その上で事業を展開するということもあるので、社会人経験がある30代後半の人材も欲しいと考えることがあります。

成長途上の分野であれば、転職も行いやすいですし、細かい部分まで条件を指定して検索をすることも可能です。
若い人を採用するよりも年齢を重ねている人のほうが、統率力があると判断されることもありますし、マネジメント力もあると考えられています。
もちろん、個人によって様々なのですが、年齢を重ねているからこそ出来る仕事もあるので、30代後半で転職は難しいのではなく、可能性が広がってきているのです。

30代後半の求人状況は??

転職を30代後半で考えるなんてあまり多い数ではありません。条件もシビアになり、不安なんて当たり前でしょう。
やっぱりそれまで勤めてきた仕事の継続が無難で安泰の道となるでしょう。しかし、数年前から大手企業が倒産や人員整理をしたりと決して安心した仕事なんて今の世の中難しい状況です。
ここではそんな30代後半での求人状況を考えてみましょう。

職種として見ると断言出来ますが無数にあります。
昔からすると仕事一つ一つのやり方が変わってきていたり、力仕事等も昔より「やり易い」もの多くなってきたからです。文明の進歩には感謝しなくてはなりませんね。
資格取得が多くなってきていたりして、「資格さえ持っていれば」といった仕事も多くあります。そういった面から30代後半でも職種は限定されない事情があります。
収入は違いがありますが、やはり入職し直しとなるため若干のマイナスは仕方ない部分があります。

転職先の規定にもよりますが、年齢を考慮した給与とするところも多く再スタートが出来ない時代ではなくなってきました。
30代後半での転職希望者にとってはありがたいところです。明日から手取り10数万ではやりがいも感じにくく、また生活も中々厳しいのは分かり切っています。

年齢に応じた給与となっているのには当然理由があります。

筆者の身近な方に、不運にも大手企業に勤めていて人員整理にあった方がいらっしゃいました。年齢も37歳、家庭もあり非常に苦しかったそうです。
ですが、職安に行くと思っていたよりスムーズに転職が出来たと言います。職種は全く違うものでした。
何故かと聞くと、次のような中身だったそうです。
「あなたのように大手で活躍してこられた方は、職種を限定しなくても管理職の求人がある。これまでの専門的経験を売りにするのではなく、人生経験を含めた内容でいきましょう」との事。
結果、何かを造る仕事から職場を創る仕事に従事されているようです。

これは一例ではありますが、大手企業での経験を持った転職希望者をあえて求めている中小企業や異業界の企業もあります。
職人一筋で気質も性格も変えられないという方もいるでしょう。それは当たり前ですし、それまでの経験を考えると十分あり得ます。
しかし、転職を希望する以上「何か」を変えなくては前には進みません。
情報化社会となって今では職種を希望するのも探すのも比較的容易になっています。意外と?今の世の中企業側の考え方も変わってきていて、上記のような人の探し方や見方になってきています。

もし、30代後半で転職を考えているのであれば職種だけに拘らず、自分の見方を変えて転職に臨むのも一つの道と言えるでしょう。

30代後半でIT関連の仕事へ転職をする方法

人手不足となっている業種の1つにIT関連業があります。
様々な分野で活躍をすることが出来るので、どの分野で仕事をしたいのかということを考えてみるのもよいでしょう。

特に医療や金融関連のITの仕事は需要も高いですし、基本的な知識がなければ出来ない場合も多いので、給与などの待遇も良い場合が多いです。
最近ではIT関連業の専門の転職サイトもあります。
条件を指定して仕事を検索することも出来るようになっているので、長く勤務をすることが出来る仕事を見つけることもできるようになるでしょう。

30代後半であってもITの仕事の経験がある場合には、転職も可能でしょう。
特に外資系であれば、年齢よりも能力を重視するので、能力が高い人材というのは年齢を重ねていても歓迎される風潮があります。
外資系企業であれば、残業代も未払いということがほとんどないので、やればやっただけ収入をアップさせることができます。

また外資系企業ではなくても、ITに関連をするハイレベルな資格を取得していると、30代後半であっても転職はしやすいということもあります。
どんな資格がハイレベルなのかということもインターネットで調べておくとよいでしょう。
誰にでも取得をすることが出来るような資格をたくさん持っていても意味はありません。
ハイレベルな資格を1つだけでも取得しておいたほうが説得力があるのです。

IT専門の転職サイトもあるので、どんな求人があるのかチェックをしてみるのもよいでしょう。
転職サイトであれば、たくさんある求人情報の中で自分の条件に合う案件を見つけることも可能です。
検索をすることが出来るようになっているので、何かと便利です。

30代後半でITの仕事のキャリアがある人ならば、ハイレベルなスキルを持っている可能性も高いです。
転職をしてきた人に求めるのは即戦力であることも多いです。
IT関連の仕事は専門的な知識が必要となる仕事なので、転職を希望している人が採用されやすい傾向もあります。
IT専門の転職サイトや転職エージェントを利用することによって、自分によってメリットとなるような求人情報を見つけることが出来るかもしれません。
30代後半だからこそ必要とされる、ということもあるので、専門の求人サイトをできるだけ数多くチェックして、条件の違いを確認しておくとよいでしょう。

転職が難しいと言われている年齢だからこそ、スキルを生かした仕事を見つけることが出来れば幸いです。

未経験で30代後半でも転職は可能か

転職をする際に経験を生かしたいということがあります。
今まで経験をしたことがある仕事であれば、どういう内容なのかも分かっているので、新しく覚えなければいけないことの数を減らすことができます。

しかし興味があって未経験の仕事だけど転職をしたいと考えることもあるでしょう。
未経験でも転職をすることは可能ですが、年齢によっては困難になることもあります。
30代後半で未経験の分野の仕事に挑戦をするともなると、かなり険しい道になるでしょう。
それでも仕事の内容や業種によっては30代後半の未経験者でも積極的に採用をすることがあります。

特に慢性的に人手不足になっているような仕事というのは、未経験者でも就業をすることができます。
出来るだけ多くの人材を確保し、運営をしたほうがよい場合もあります。
資格が必要となりますが、看護師などの医療現場で仕事をする人は人手不足になっていることが多いので、転職も行いやすいでしょう。
国家資格が必要となりますし、人の命に関わるような仕事なので専門的な知識も必要となります。

一念発起をして、看護師になるための勉強を始める人もいます。
30代後半で看護師デビューをするような人も実際にはいるのです。

全くの未経験者のほうが、独自の仕事の進め方をマスターしてくれる、余計な知識がないので、仕事を進めやすいということもあります。
30代後半ともなれば、ある程度の社会人としてのマナーも習得しているので、失礼のない対応をすることもできます。
様々なメリットがあるので、30代後半で未経験であっても転職をすることは可能です。

その仕事の経験がない場合であっても、有利になる資格などを取得しておくことによって、採用をされる確率を上げることも可能です。
資格の勉強は通信教育でも行うことができますし、ちょっとした隙間の時間を利用して行うことも可能となっているので、どんな資格があるとよいのか、ということも調べておくとよいでしょう。
それも転職をするためには必要です。

他にも外国語の能力があると未経験の仕事であっても採用されやすいということもあるようです。
例えば観光に関する仕事をする場合、外国人観光客の対応をする人材が欲しいという場合があります。
接客業や観光の仕事が未経験であっても、外国語に関する知識があればそこにいてくれるだけで助かる、ということになるのです。

未経験の仕事であっても視点を変えれば様々な部分から挑戦をすることが出来るのです。

30代後半の女性が考える転職

30代後半で転職を考える場合、リスクもあります。
それでもやってみたいことが見つかり、チャレンジをすることはとても大切です。
仕事に対して後悔をすることがないように、努力をすることも必要でしょう。

女性の場合、様々なライフスタイルの変化があります。
30代後半で子育てがひと段落したので、社会とのつながりを持つため、また自分のやりがいを見つけるためにも仕事をしたい、と考える人は意外と多いです。
仕事をすると家庭との両立が大変になることもありますが、それでもやりがいは感じることできるでしょう。

30代後半の女性だからこそできる仕事もたくさんあります。
今は介護職である程度の年齢を重ねた女性が多く活躍をしているので、介護の分野に興味がある場合にはチャレンジをしてみるのもよいでしょう。
資格を取得していれば、転職も成功をする可能性が高くなります。
また介護は普段の生活の中にも役立つことが出来るようになっているので、勉強をしておいても損をすることはありません。

介護職は夜勤を行うようなところもあるので、夜間のみ仕事をしたいなど希望に沿う就業スタイルを見つけることも出来るようになっています。
条件を設定して求人をチェックするのもよいでしょう。

正社員だけが転職というわけではありません。
派遣社員でも契約社員でも雇用形態にこだわらなければ、30代後半の女性でも転職をすることはできます。
中には派遣社員や契約社員から正社員になることが出来るシステムを導入しているところもあります。
派遣社員専門の求人サイトをチェックして、仕事を探してみるのもよいでしょう。

30代後半の女性のスキルを求めているような仕事もたくさんありますし、今度伸びていくであろう企業の場合には、キャリアのある女性を積極的に採用することもあります。
経験を積んでいる女性を採用し、女性管理職を誕生させたいと考えている企業も多いのです。
女性管理職を設けることによって、その企業は女性が働きやすいということをアピールすることができます。
実際に女性管理職がいるような企業は女性の就業環境をしっかりと考えている場合が多いです。
安心をして就業をすることができる、ということにもなります。
管理職になるというのは、ある程度のキャリアを積んでいる人でなければ任せることが出来ないので、30代後半の女性を選ぶという傾向があります。
キャリアを生かした仕事をすることも出来るようになっています。